×

CATEGORY

HOME»  明治屋の菓子作り

明治屋の菓子作り

皆様と心の通い合うひとときをご一緒できるような菓子作りを目指しております

小豆へのこだわり

明治屋低温倉庫
▲明治屋低温倉庫

毎年、秋になると那須近隣の農家さんから「今年も良い小豆ができたよ。」と嬉しい声が届きます。一軒一軒農家をまわり年間使用量の小豆を直接買い入れ、すぐに低温倉庫に貯蔵します。その為、当店では年間を通し風味豊かなままの小豆を安定して自家製餡できるのです。

那須塩原産の小豆は、香り、風味がよく、何より生産者から直接買い入れるので安心ですし、誰がこの小豆を作ったのかすぐ確認ができます。さらに、農家の方も自分が作った小豆を食べるので、農薬もほとんど使用しておりません。毎年の買い入れは体力的に大変ですが、お客様の「明治屋の餡子はおいしい!!」という声を頂ける喜びを毎日、心に留めて明治屋のこの先も変わらずの「こだわり」として続けていきます。

明治屋の菓子作り
▲小豆をきれいに水洗い
明治屋の菓子作り
▲煮えた小豆を「ご」(こしあんになる部分)と皮に分離
明治屋の菓子作り
▲搾り袋に入った「ご」

自家製餡へのこだわり

餡煉り作業
▲餡煉り作業

創業当初より明治屋は自家製餡に「こだわって」おります。
最近、製餡まで手がまわらないからと出来合いの餡を使用しているお店が多くなっているように思われます。
お店独自の味、小豆の風味を大切に考えれば自家製餡に勝る主張は他にはない!と考えております。大手ではなく、小さいお店だから出来る事、お客様の「おいしい」の一言が頂ける喜びを胸に、農家の皆さんの努力を一粒も無駄にせぬよう心を込めて「おいしい、安心の餡づくり」を日々心がけています。

明治屋の目指すもの

練り切り菓子
▲練り切り菓子

「菓子は人なり」という言葉があります。
お菓子にも作り手の考え、人柄がでるということでしょうか・・・!?
私共は『やさしいお菓子』を作っていきたいと考えています。
小さいお子様から、お年寄りの方まで安心して召し上がっていただけるよう保存料、添加物を極力使用しない『体にやさしいお菓子作り』 ご家族、ご友人との楽しいひとときをご一緒出来るような 『心にやさしいお菓子作り』を目指して日々精進して参ります。

CONTENTS

CATEGORY

QRコード